【コスパ最強!】商品に依存したビジネス:アフィリエイトのメリット

今回は、実際にアフィリエイトを行っている、もしくはこれから始めようと思っている方に向けて、

コンテンツ商売としてみた時の、アフィリエイトというビジネスの大きなメリットの一つを、語っていきたいと思います。

もしあなたがこれから末永くアフィリエイトというビジネスに携わっていこうとお考えならば、そのメリットをしっかりと理解しておく必要があります。

アフィリエイトの強みを知り、それを最大限に活かせるように、ぜひこれからお話しする点を意識して、日々の作業に取り掛かってみてください。

そうすれば、結果を焦ったり、途中で迷ったりすることなく、自分の中で納得しながら、アフィリエイトに注力することができるようになることでしょう。

それではさっそく本文に入りたいと思います。

スポンサーリンク

アフィリエイトの特徴:商品に依存したビジネス

アフィリエイトの触れ込みとして、「誰にでもできる」という謳い文句を耳にしたことがあるかと思います。

これはあながち間違いではありません。

確かにおおかた人を選ぶことなく、誰でも作業自体は完結させることができます。

稼げるかどうかは別としてですが、可能性や再現性は確実にあるということが明言できるでしょう。

理由はいたってシンプルで、価値を0から生み出す必要がないというところにあります。

つまりはどういうことかというと、他のネットビジネス、特に類似ジャンルであるコンテンツ商売を引き合いに出してみると、その特筆すべき点が分かりやすく見えてくると思います。

コンテンツ商売の在り方について

例えばアフィリエイトより後発組のネットビジネスの代表格といえるyoutubeですが、youtubeの性質上その仕組み自体はアフィリエイトと似ているといえるでしょう。

コンテンツの積み重ねにより集客を実現し、広告によって収入を得る。

これはブログやその他web媒体を介したビジネス全般に共通する収益化の王道ともいえる手段ですが、

実はそこに至るまでのコンテンツの制作方法によって、それぞれ役割やアプローチの仕方が変わってくるのです。

一、ブランディングに注力する人気商売

まず1つ目は自身やオリジナルのコンテンツをブランディングすることによって、集客をかけるタイプ。

これらの特徴としては、オリジナリティというものを最大の武器として、競合との差別化を徹底的に図る戦略をとる、ということが挙げられます。

何よりも個性や情報の新規性、流行や人気というものを重要視します。

いわゆる人気商売とも表現されたりしますね。

一般的に連想されるyoutuberといえば、この手のタイプが多いのではないでしょうか。

二、権威性ありきの商品紹介

続いて2つ目に、商品や企業、著名人といった、既存のコンテンツありきで、そのネームバリューにガッツリあやかっていくタイプです。

権威を盾に集客を図っていく戦略をとり、より直接的で私的な収益化を目指します。

企業案件や商品紹介、コラボ企画など、エンタメに突出したコンテンツに比べて、よりビジネス臭が強いのが特徴です。

中には別口のビジネスへの投資や、特定のコミュニティーに入会を勧めてくるなど、あからさまなものも存在します。

アフィリエイトの立ち位置

このように、一口にコンテンツによる集客といっても、大きく分けて2つの手段があることがお分かりになったかと思います。

そして、今回の主題であるアフィリエイトというビジネスがどちらに位置するのかというと、

これは明らかに2つ目、後者となります。

ブログでいうところの特化型ブログ、youtubeでいうところの商品紹介というジャンルに、より特化したのが、アフィリエイトというビジネスモデルです。

より商品に依存したネットビジネス

アフィリエイトとはご存じの通り、広告案件の商品を、自身の所有するサイトなどで紹介することによって、

実際にそこからそれらの商品が購入された場合、購入金額の何%かを手数料としていただくというプロセスを経ます。

つまりは集客の手段やコンテンツの内容は何にせよ、既存の商品の宣伝というのが大きな存在意義だといえるでしょう。

よって、コンテンツの中身も自然と商品の説明や魅力を伝えることに特化した内容になっていきますし、アプローチをかける対象も、その商品自体に興味を持っている層に絞られていきます。

対して先に挙げたキャラクター商売の側面を色濃く出した集客方法をとる場合、広告収入を目指すのは同じですが、

商品が限定されたアフィリエイトではなく、ユーザーやコンテンツの内容に縛られにくく、臨機応変に形を変えるアドセンスという広告を優先します。

このように、他のコンテンツ商売を引き合いに出してみると、それらに比べてアフィリエイトというビジネスは、良くも悪くもより商品に依存しているということが見て取れる思います。

アフィリエイトのメリット:コスパ最強なワケ

その1:0から1を生み出さなくて済む

この特徴さえしっかり理解できていれば、後述するメリットも、すんなり享受することが可能になると思います。

そのメリットとは、“商品に依存しているがゆえに、そのマーケティングのみに注力できる”ということです。

ネットビジネスという大きなくくりにおいても、アフィリエイトやまとめサイトなどが流行った理由の一端もこの部分にあります。

今記事の核心部分がここです。

既存の商品の紹介や、既存のコンテンツのブラッシュアップというのは、商品自体を企画・構成・制作するよりも圧倒的に労力が少なく済み、

かつそのもののクオリティや商品価値を引き継ぎつつ、集客に還元することが可能になるという、

コスパ的に大変優れた構造を持ち合わせているのです。

もちろんそのもの自体の魅力を最大限に伝えるには、知識や表現力が必要にはなってきます。

しかしながら、常に0から1を生み出し続けるよりは、はるかに楽だということが断言できます。

一度でも何かしらの創造行為に携わったことがある方なら、生みの苦しみというものを知っているはずです。

その2:本質的なビジネスとして永続性がある

そして、これらのビジネス構造は、市場に商品というものが生産され続ける限り無くならないということも言えます。

評論家や批評家というものが存在し続けるように、また、広告業や仲介業というものが長く息が続いているように、

批評や売買に値する対象が存在し続ける限り、それらと共存することができるということが確認できると思います。

その3:付加価値を生み出す可能性

さらに、他人の作り出した商品といえど、長くコンテンツを積み重ねていくうちに、

発信内容や商品の価値に係わらず、発信者自体に価値が生まれてくるということも、往々にしてあり得ます。

これが俗にいう個人でいうところのインフルエンサーや、企業のブランド力といった類のものになります。

先述した評論家や批評家という存在も、こういった恩恵を受けている人種のひとつであるといえるでしょう。

アフィリエイトはこういった新たな付加価値を生み出す可能性も秘めているのです。

最後に…

このように、“商品に依存しているがゆえに、そのマーケティングのみに注力できる”ということが、アフィリエイトの特徴であり、

同時に大きなメリットの一端を担っているということがお分かりになったかと思います。

これらのことを意識することによって、皆さんのこれからのアフィリエイト生活が、より充実したものになることを願っています。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました