その趣味をマネタイズ→好きなことを仕事にするメリット&デメリット

好きなことを仕事にしたいという思いは、誰しも一度は抱いたことがあると思います。

しかし、そもそも趣味を仕事にするにはどうすればいいのか?

そのメリット・デメリットはどんなものなのか、色々と気になるところだと思います。

そこで、今回の記事では、趣味をマネタイズし、仕事にすることの良い点悪い点、

そして、うまくネットやSNSを活用すれば、あなたのその趣味を収入の柱にすることも可能だということをお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

趣味をマネタイズする方法

まずは自分の趣味や好きなことをマネタイズする方法についてですが、これにはやはりインターネットの存在が必要不可欠になってきます。

個人がビジネスを始めようと思うと、いかにそれらをうまく使えるかが成功のカギになってくると思います。

では実際にネットを使ってどのようにマネタイズを進めれば良いのか、具体的な手順を見ていきましょう。

情報発信媒体を持つ

第一段階として、自身の趣味が発信できる媒体を持つことが挙げられます。

好きなことに対するディープな知識や、専門性の高い情報。

それらを蓄えることができ、かつそれをユーザーに向けて発信することのできるweb媒体の取得です。

具体的にはyoutubeやブログなどが挙げられます。

まずは趣味をマネタイズする土俵を整えることが先決なので、そのための窓口を作ることから始めましょう。

例えば野球が趣味ならyoutubeに野球のコーチングチャンネルを開設するですとか、映画好きならば、自身のドメインで映画批評ブログを立ち上げるなどです。

コンテンツを育てる

自身の媒体が確保出来たら、次はそこからどんどんコンテンツを生み出していきましょう。

質が高く、なおかつオリジナルのコンテンツが求められます。

自身の知識や情熱を余すことなくコンテンツに変換することができれば、収益化の土台は出来上がったといっても過言ではありません。

できれば毎日のコンスタントな情報発信をした方が、媒体の成長は格段に速くなります。

SNSで拡散&集客する

そして、コンテンツ作りと同時並行して、SNSなどを利用した集客をおこないましょう。

新規ユーザーに対して宣伝をするのももちろんですが、ネット上で活動する同じジャンルの趣味をもつ同業者との横のつながりを持つことも有効な手段だといえるでしょう。

同系のコミュニティーに属すことによって、そこからファンが獲得しやすくなります。

集客はネットビジネスをやるうえで最も基本であり、最も重要なことだといえますから。

広告収入等でマネタイズ

そこまでできれば、あとは自身の媒体に集まったユーザーに対してアドセンスやアフィリエイトなどの広告をセールスして収益化するですとか、

ファンに対して自身のコンテンツをまとめた書籍や情報商材を売り出したり、

さらに人気が出れば、実際に講演会やイベントなどの依頼が舞い込んできたりもします。

ファンの獲得とコンテンツの成長さえ見込めれば、あとはいくらでも収益化の方法は検討できるはずです。

好きなことを仕事にするメリット&デメリット

では次に好きなことを仕事にするメリット&デメリットについてお話ししていきたいと思います。

実際にマネタイズができたとして、そのうえでさらにビジネスを成長させるために、知っておいて損はないと思います。

好きなことを仕事にするメリット

楽しく仕事ができる

まずはメリットとして楽しく仕事ができるということが挙げられるでしょう。

自分の好きなことですから、仕事とはいえ基本的には楽しく作業ができるはずです。

ストレスなく業務をこなせるというのは、誰しもが願うことだと思います。

上達するのが早い

また、仕事上の上達が早いということが言えます。

好きこそものの上手なれという言葉もあるように、自分の好きなことに対しては、関心も情熱も格段と高いものになってくると思うので、

それだけビジネスの成長するスピードも、加速度的に速くなっていくことでしょう。

長く継続できる

そして何より長期的な継続が見込まれるということが挙げられます。

個人のビジネスにおいて何よりも継続することが難しいといえます。

しかし自身の趣味であれば、何ら苦痛に感じることなく業務を続けることができるのではないでしょうか。

好きなことを仕事にするデメリット

こだわり過ぎてしまう

対してデメリットとしては、思い入れが強いがゆえに仕事上関係のないところで強いこだわりが出てしまう可能性があるということが挙げられます。

直接収益に関係のないところに労力を注いでしまうのは、効率的とは言えません。

趣味そのものを嫌いになっていしまうかもしれない

また、趣味そのものを嫌いになってしまうこともあります。

やはり趣味は趣味としてやるから楽しいのであって、それを仕事にした途端、一気に熱が冷めてしう可能性があります。

そうなるのが一番悲しいですね。

おわりに

どんな趣味でも仕事にすることができる可能性は広がっていますし、それに伴う利点も悪い点も存在することがお分かりになったことかと思います。

そんな中で自身の趣味や好きなことを仕事にして、一生食べていけるだけの収入源にしたいと望まれる方は、ぜひ挑戦してみて下さい。

どんな仕事であれ不安や波というものは付き物ですので、ご自身が一番後悔しない働き方を勝ち取っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました