一発屋の称号を手に入れよう!顔さえ売れれば個人で稼ぐのも簡単?

当然ですが皆さんは一発屋と聞くと、どんな印象をお持ちになるでしょうか?

「運が良かっただけのやつ」

「実力不足」

「ホントは中身がない」

などといったマイナスのイメージを抱きますか?

実は一発屋というのは、個人がビジネスの成功を願うなら是が非でも手に入れたい称号なんです!

少し考えてみると、一発でも売れることができない人間が大半の中、一度でも売れることができた人間というのは非常に優秀な人材だということが理解できると思います。

そこで今回はビジネスを成功させたくば一発屋になるべき具体的な理由と方法、そしてその後の立ち回りについて順序だててお話ししていきたいと思います。

簡潔な内容となってますので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

一発屋の称号を手に入れよう!

まずはビジネスの世界の置ける一発屋というものが一体どういう存在なのか、そしてそのメリットやそこに至るまでの過程についてまとめていきたいと思います。

一度世に出たもん勝ち

個人で新たなビジネスを始めたとしても、そのほとんどは一度も日の目を見ることなく離脱していくというのが現状です。

一発屋というのはそんな大勢の挑戦者の中から頭一つ抜き出し、しっかりと結果を残すことができた英雄だということが言えるでしょう。

確かに一発だけではなく、何度も連発してヒットを打ち出し続ける方が理想ではありますが、

そんなのは本当に一握りの存在で、個人が努力したところでそうそう成しえるものではありません。

なので特にビジネス初心者の方であれば、まずは一発当てることを目標としましょう。

ではそんな一発屋の具体的なメリットや本質ついて、早速お話ししていきたいと思います。

知ってもらわなきゃ始まらない

どんなビジネスを始めるに関しても、消費者にその存在を知ってもらわなきゃ始まらないということが言えます。

いくら素晴らしいコンテンツでも、知らないものは買いようがありませんからね。

その点一度でも大勢に存在を認知されることができたというのは、

初動の一番大事な部分をクリアしているといえるでしょう。

知名度=権威性

さらに知名度というのは、その物自体のクオリティに関わらず、一定の権威性を獲得できるということが確認されています。

権威性とは、それが信頼に足るものであるかどうかの判断基準になり得る、ビジネスにおいてとても重要なものになります。

知名度とはその出もとを問わず、一定の安心感を打ち出す代物だと言い換えることができます。

芸術と同じで価値は後付け

また世の芸術作品やエンターテインメント作品に散見されるように、

コンテンツの価値というのは後からついてくるということも、まま見られる現象です。

“名前という看板ありきの作品の価値”、といった具合です。

一発屋によるある種のブランドの確立は、こういった消費者心理の本質を体現しているとも結論付けることができるでしょう。

0から1の難しさ&手っ取り早く顔を売るには…

そろそろ一発屋の本質やその利点についてお分かりになられてきたころだと思います。

そうなると「いっちょ自分も一発屋を目指してみるか!」という心持ちの方のかたも現れ始めたかもしれませんが、少し待ってください。

冒頭で申し上げたように、一発でも売れること自体が相当に難しいことだということを、もう一度おさらいしておきましょう。

そのうえでどのような方法が効果的なのかについてもお話ししていきたいと思います。

炎上商法やマッチポンプ

炎上商法やマッチポンプに代表されるように、

大衆のヘイトを買って一気に注目を集めるという手法は、まったくの無名の状態からの即時脱却を図るには、とても有効な手段だといえます。

最初に大きなヘイトを買う時点で、一定数のアンチという存在も同時に引き受けることにはなりますが、

その後の身の振り方しだいによっては、なんら問題なく、メリットだけを享受できるともいえるでしょう。

とりあえず顔を売りたいということであれば、炎上を狙うのもまた定石です。

*犯罪行為はNG

他人に引き上げてもらう

すでに名のあるインフルエンサーに引き上げてもらうという手段もまた王道です。

有名人の紹介であったり、権力者をパトロンにつけることが叶うのであれば、それらを利用するのも賢い選択だといえるでしょう。

まさに虎の威を借る狐状態ですね。

最終的には継続力

とはいえ様々なリスクやその後のリターンなどを考えれば、おすすめはやはり最終的にはコツコツ地道な広報活動に他ならないと結論づけることになります。

一発屋のイメージとしてギャンブル的に名が売れるといったことを想像されるかもしれませんが、それはあくまでも結果的にそうなっただけであって、

基本的には当の本人の活動は割と真面目で地味な物だったりします。

狙って一発屋になったのではなく、たまたま一発売れたといった方が正しいですかね。

だからこそそれを狙ってできるのであれば心強いスキルになりますが…。

一発売れた後は…

やはり運の要素が強い一発屋ですが、仮にそうなれた場合にはどのような身の振り方が正しいのでしょうか。

ある程度顔が売れたという前提でお話ししていきたいと思います。

中身を充実させよう

一度一定数のファンや注目が集まった後は、それらを切らさないためにも、やはり中身の充実に励むことになるでしょう。

顔さえ売れれば自身の作業量に応じて適切な反応が返ってきますから、やりがいというのも生まれてくるというものです。

そこで人気が継続できれば言うことなしでしょう。

こうなってくるともはや一発屋とは呼ばないかもしれませんけどね(笑)。

方向転換もあり

文字通り一発屋となり祭りが完全に終息したとしても、そこから再起をかけるのも容易なのが一発屋の利点です。

一度定着したイメージがどうであれまったくの0からのスタートに比べればある程度の下地が確立されているのも確かです。

もし前のイメージが強すぎてそれにガチガチに縛られているのであれば、

それらをフリにしてまったく別のベクトルから展開を図るのも一つの手だと思います。

また、何度新しいビジネスを展開してもいいので、現状が下火になれば早々に見切りをつけて、新天地に向けて流浪するというのもありだと言えます。

おさらいと締め

このように一度でも世間に自身の存在が認知されれば、あとは身の振り方次第でいかようにもなるというのが理解できたことと思います。

そしてそれらを体現しているのが一発屋という存在であり、ビジネス初心者が目指すべきある種の理想形であるとも言い換えることができるでしょう。

まずは目指せ、一発屋!

今回の記事は以上となります。最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました