稼ぐことに特化すれば無意味な消耗をしなくて済む話(思考の一本化)

今回は人生をもっと楽に生きる考え方についてお話ししていきたいと思います。

結論から言うと人生「稼ぐことに特化すれば無意味な消耗をしなくて済む」という話です。

「とにかく人生のすべてにおいて無駄を省きたい」

「とにかく死ぬまで楽に生きていきたい」

「色んな事に頭を悩ませる毎日に疲れた」

こういった方が考えるべきことはたった一つです。

思考のすべてをとにかく稼ぐことに特化しましょう。

それさえできれば人生とりあえず間違いないといえるでしょう。

スポンサーリンク

稼ぐことに特化すれば無意味な消耗をしなくて済む話

稼ぐ=“いかにして効率的に稼ぐか”

人生を稼ぐことに特化するということ。

これは決して奴隷さながら身を粉にして働いたり、守銭奴のように金に意地汚く生きていくということではありません。

稼ぐことに特化する際に注力すべき部分は、“いかにして効率的に稼ぐか”です。

それ以外の思考は必要ありません。

むしろその一点のみで充分です。

資本主義社会においてお金の大切というのは言わずもがな、金さえあれば大抵のことは何とかなります。

過去の記事でも同じようなことを語っていますが、やはりこれが一番効率的な生き方になります。

稼ぐことに特化するということは同時にほかの悩み(仕事や家族間等の人間関係の悩みといったよくある類のもの)の入り込む余地をなくすということでもありますから、今現在頭の中が悩み事や考え事でパンク寸前の方はよりその効果を実感できるはずです。

悩めるだけ贅沢とはよく言ったものですが、そんな贅沢ならこちらから突き返してしまいましょう。

本来思考はシンプルであるべきなんです。

自分のキャパをオーバーしてあれこれ考えすぎるから現代人の心はどんどん病気になってしまっているのです。

ですから思考のすべてをを“稼ぐ”という一点のみに集中させることは肉体的にも精神的にも無意味な消耗をなくすことにつながるのです。

資本主義社会への適応

現代社会において生き辛さを感じている方も、人生を稼ぐことに特化させることによってその悩みも改善されるでしょう。

理由は単純明快、お金を一番に考えることができないから資本主義社会で生き辛いのです。

資本主義社会とは一にも二にも金がものを言います。

金を持っている奴が偉いし、金を持っている奴が勝者なんです。

お金を人生の指標として考えることができて初めて、そういった社会に適応することができるといえるでしょう。

一見すると虚しい人生だと思われるかもしれませんが、そう思っているうちはずっと同じ悩みを抱え続けることになってしまいます。

いいじゃないですか、人生の価値をお金に見出したって。

そもそも価値観は人それぞれですし、見つからないのなら無理して見つけるようなものでもないので、当面の間はお金を第一に考えてみるのもありなんじゃないかと思います。

人生考えることにつかれたのなら一度取りつかれたように稼ぐことに没頭してみるのも良いかもしれません。

お金というものは人間の欲望を具現化したようなものなので、十分なお金を得ることができれば自然と金以外の欲望も湧き上がってくることでしょう。

選択肢を増やすことにつながる

お金を稼ぐということは選択肢を増やすということにほかなりません。

稼ぐことに特化するということはすなわち自身の選択肢を増やすことに特化するということでもあるのです。

よく学生の「何のために勉強するのか」という質問に対して、「将来の選択肢を広げるため」だという定型文が存在しますよね?それと似たようなもんです。

ただ勉強の場合は結果的に学んだことが上手に使いこなすことができて初めて選択肢が増えます。

ですので正直自身の選択肢の増加に直接的に関係したり、実際に人生においてそれが活用できる場面はほとんど訪れません。

しかしお金の場合は違います。

勉強のような抽象的な物ではなく、現実的な手段としての選択肢が広がります。

つまりは現代社会において自由を手にしたければ、この先活用できるかもわからない勉強に投資するくらいであれば、はなからお金を稼ぐ方法にのみ注力することが最適解だと言えるのかもしれません。

迷わないで生きていく

世の中は存外無駄なことに溢れています。

人生の価値とか将来の不安とか人間関係のしがらみとか…。

私たちは普段から本当にいろんなことに頭を悩ませています。

現代人の頭の中は悩み事で構成されているといっても過言ではありません。

しかしながら冷静になって考えてみるとそれらは実のところ取るに足らないことなんです。

ぶっちゃけ社会人の悩みの9割は人間関係によるものですが、その大元となっているのは何を隠そうお金です。

逆に言えばその根本的な部分を解決しなければそれらの悩みから本当の意味で解放されたとは言い難いでしょう。

つまりはそこに気づくことができれば自ずとやるべきことは決まってくるはずです。

そうです、本当はやるべきことは一つなんです。

お金を稼ぐことです。

もしあなたが大企業の御曹司や玉の輿に乗って一生の安泰を確約された身なのであれば必要のないことかもしれませんが、そうでないのなら必ずぶち当たる壁になります。

それはそれは高く一見すると途方もないような大きな壁です。

しかしむしろそれはラッキーなのではないでしょうか?

なぜかというと、人生をハードモードにするのもイージーモードにするのもそのすべての元凶がお金だということがすでに明らかになっているからです。

ともすればやるべきことが決まっている分余計な考えを捨てることができて精神的な重しは取っ払うことができるという風に解釈することも可能なのではないでしょうか。

精神的な枷が消えたのであれば、あとは肉体的な枷を何とかするだけです。

これもどうせ金で解決できるのだから、とにかくお金を稼ぎましょう。

あとはその過程においてとことん稼ぎ方を効率化していき、肉体的な枷を最小限まで軽くするのみです。

人生を稼ぐことに特化するというメリットは、このように余計な悩みや考えに精神的、肉体的な消耗をせずに核心部分に到達できる点に集約されています。

これさえ念頭に置くことができればだいぶこれからの人生が楽なものになるはずです。

迷いがなくなることはすなわち心の安寧に直結しますので…。

現在人生において心や体を消耗している方はぜひ一度真剣に稼ぐことにのみ特化されることをおすすめします。

結果的に人生そのものの豊かさに結び付くことでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました