日本人の、日本人による、日本人のためのビジネス。傾向&対策&コツ

今あなたが何らかのビジネスを始めようとして、外国語が堪能なわけでも海外の市場にコネがあるわけでもなければ、

十中八九日本語を駆使して日本人に対してマーケティングを開始することになるでしょう。

せっかく日本に生まれ育って世界一難しい言語と名高い日本語を使いこなすことができるのなら、それを利用しない手はありません。

さらに日本人の国民性や特徴を充分に理解していれば、それらのマーケティングがよりスムーズに行えることでしょう。

なので今回は日本人に対するビジネスのコツと題しまして、日本人にはどんな傾向があるのか、

そしてどんな手段でアプローチするのが有効なのかを詳しく解説していきたいと思います。

日本人に対するビジネスのコツ

日本人の特徴を知る

マーケティング戦略を立てる前にまずはターゲットの特徴を知りましょう。

十人十色とは言いますが我々日本人には共通する特徴が存在することも確かです。

ビジネスの成功を願うなら、そこをちゃんと理解することから始めましょう。

他人の目を気にしすぎ

第一に他人の目を気にしすぎるということが挙げられます。

いい意味で集団意識が強く協調性が高い、悪い意味で同調圧力が強く周りに流されやすいということが言えるでしょう。

また、他人に対する詮索や噂話が好きな傾向があり、国土の狭さも相まって、情報伝達の速度が速いです。

その結果他の国に比べて流行やトレンドというものが形成されやすいということがいえるでしょう。

識字率が高い

識字率が高いというのも日本人の特徴です。

日本は諸外国に比べて画一的な教育が行き渡っており、こと読み書きに関しても義務教育のおかげですべてのほぼ国民が文章を読むことができます。

これは特筆すべき点です。

読み書きがしっかりできるということは、情報を正確に伝えることができるということでもあります。

内向的

そして、内向的な性格の方が多いというのも大きな特徴です。

これは自己主張が少なく他を重んじるという気質が根底にあると考えられます。

自分をさらけ出したり意見戦わせるということに苦手意識を持っており、

最も平和的な問題解決手段は、沈黙であるということを共通認識として持ち合わせている節があります。

それは本音と建て前という言葉の存在からもその傾向が見て取れます。

~あくまでも傾向ですので当然それらに当てはまらない方も存在します。その点はあしからず…。~

アプローチの仕方

ではこれらの大まかな特徴を知ったところで、それをどうビジネスに活用するかということですが、

上記の特徴に照らし合わせるのなら、以下のようなマーケティング手段をとることをおすすめします。

口コミやおすすめを活用する

1つ目にあげた特徴である「他人の目を気にしすぎ」というものに着目するのなら、口コミやおすすめを利用するのが効果的といえるでしょう。

日本人はその特性から、口コミやおすすめというものに非常に左右されやすいということが言えます。

なので、自身がビジネスをはじめるのであれば、インフルエンサーや広告塔などを利用して、それらの内容を幅広く発信していくことが重要だといえるでしょう。

一度流行というものができてしまえば、情報は人から人へねずみ講的に広がっていくので、どれだけその波を起こせるかが肝心になってきます。

広告業というものがビックビジネスであることも納得できます。

特に日本人に関してはそれらの効果が最大限に発揮されることでしょう。

セールスレター

2つめの「識字率が高い」という特徴から、セールスレターが効果的だともいえます。

単に読み書きができるだけではなく、日本語の構造的に、外国語に比べて細かい情報やニュアンス、感情を伝えやすいという特徴がありますので、

文章というものの権威が大きいということも要因として挙げられるでしょう。

さらに日本は単一言語社会なので、日本語の利用価値が高いということもいえます。

つまり日本人は日本語を愛しているんです。

国際化の波によって外国語の習得が迫られている昨今ですが、日本でビジネスをするのならば、

まずは日本語を上手に使いこなせるようになりましょう。

ネットビジネス

最後3つめの特徴「内向的」。

この特徴に対する効果的なアプローチ方法は、ネットビジネスだといえるでしょう。

これは当然のことですが、内向的な人間の方が、現実でのやり取りよりネット上でのやり取りを好む傾向にあります。

さらに内向的な性格ゆえに自身の悩みを人に相談しづらいという特徴があるので、そんな誰にも言えない悩みを解決するために、

ネット上のサービスやネットショッピングを利用するというケースが多いということが言えるでしょう。

日本に限ったことではないですが、ビジネスをはじめるうえではやはりネットの活用は必須と
なってくるでしょう。

国民性にあったマーケティング戦略を立てる

今回は日本人に限定してマーケティング戦略の立て方をお話ししてきましたが、

考え方としてはどの国にも共通することだと思います。

それぞれの国の特性や国民性をしっかりと理解し、一番効果的にビジネスを展開できる方法を考えていくことが、成功への近道であり、唯一の方法だといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました