夜型人間こそ独立した方が良い3つの理由【能率の上がる職業とは?】

一般的な会社勤めの方で、普段の仕事の能率がなかなか上がらないという方は、もしかすると「夜型人間」であるかもしれません。

夜型人間の場合、どうやら通常の会社の就業時間の枠内では、思うように本来の力を発揮できないようです。

そこで今回は、そんな夜型人間の方ほど、思い切って独立を目指した方が、

これからの人生を長い目で見た時に、より良い方へ進むかもしれない、

といった内容についてお話ししていきたいと思います。

夜型人間こそ独立した方が良い3つの理由

本題に入る前に、そもそも夜型人間とは何なのか、

どのような人のことを指す言葉なのかについて解説していきたいと思います。

夜型人間ってなに?

夜型人間とは、主に夜から明け方にかけて活動が活発になり、

その間の身体的パフォーマンスが向上する人間のことです。

同様に、朝方人間というのも存在します。(朝型人間とは早朝から昼過ぎにかけての、一日の早い段階で集中力や身体的機能の向上が見られるタイプのこと)

現在の社会システムのほとんどは、この朝型人間に合わせて構築されています。

夜型人間の見分け方

夜型人間の定義とは、体内時計が主に夜中心に構築されている人間のことを指します。(「概日リズム」とも呼ばれます。)

これらは遺伝子によって決定することが分かっており、環境や経験によっては変化しません。

自身の普段における時間ごとのパフォーマンスの質を顧みることによって、概日リズムの型を判断することができます。

夜型人間の特徴としては、例えば朝に弱いことや、日によって起床時間や就寝時間がバラバラであるといったようなものも挙げられます。

さらに詳しい診断も存在するので、興味のある人はチェックしてみてください。

夜型人間のデメリット(仕事編)

夜型人間の定義や特徴が分かってきたところで、次はそのデメリットについて考えていきましょう。

一般的な就業時間の会社勤めでは、どのような支障が現れてくるのでしょうか。

パフォーマンスの低下

まず初めに挙げられることといえば、単純に就業時間内に最大限のパフォーマンスが発揮できない、ということです。

低血圧で朝に弱く、非常にスロースターターな夜型人間は、早朝出勤というものがすでに自身の概日リズムに合っていません。

さらに集中力のピークが到来するのが夜9時ごろから明け方にかけてなので、いわゆる9時5時の定時勤務では実力が発揮できないのも当然です。

メンタルヘルスに悪影響

また夜型人間の特徴として、メンタルヘルスが不安定になりやすいという統計もあります。

センシティブで精神が脆い代わりに、クリエイティビティな発想ができる傾向にあるようですが、

会社という集団に属した場合、様々な外的要因がストレッサーになり得るので、夜型人間の場合特にこれらの影響を受けやすいということが言えるでしょう。

結果的に鬱や統合失調症といった、重大な精神疾患を患ってしまうこともあります。

パフォーマンス向上への改善策

では逆にそんな夜型人間が、仕事において最大限のパフォーマンスを発揮できるのは、どのような状況に身を置いた場合なのでしょうか。

夜に働くのは基本として、なるべくならストレス要因が少なく、また、クリエイティブな活動をする職業の方が、より夜型人間のメリットを享受できると思われます。

それらを考慮して、具体的な適職についてみていきましょう。

深夜労働

24時間営業のコンビニや飲食店、ガソリンスタンドなど、どの時間帯においても営業している職業は、夜型人間の方でも勤めやすいでしょう。

また、主に夜にのみ稼働する仕事である、水商売の類なども、自身の性に合っているのなら、同様におすすめできます。

深夜営業は総じて単価が高く、比較的就業が容易であるということがメリットとしてあげられます。

昼間にだれてしまうのなら、いっそガッツリ夜の世界に染まるというのも、一つの効率的な生き方です。

フリーランス

同じように働く時間帯を選ばない職業でいえば、フリーランスも選択肢に入ってきます。

フリーランスの代表例でいえば、プログラマーやデザイナー、ライターなどが挙げられます。

フリーランスであれば時間帯による拘束や場所の指定もありませんし、何より自分のペースで働けるというところが強みになってくるでしょう。

深夜営業との違いは、時給換算ではないというところです。

自分の出来高によって収益が確定するので、時間的、身体的拘束というものが発生しないことが、大きな利点となります。

クリエイター

また、芸術家や作家など、なんらかの創作活動に励む職業も、夜型人間の理想型だといえます。

作業時間が固定されておらず、自分の好きな時に創作活動に打ち込める上に、元来夜型人間のきらいである、クリエイティビティな傾向も、遺憾なく発揮することができます。

実際にそれらの創作活動だけで食べていけるまでには、相当の期間や運というものが必要になってくるとは思いますが、

もし実現できたのなら、これ以上の適職は存在しないといっても過言ではないかもしれません。

今回の記事のおさらい

いかがでしたでしょうか?

夜型人間の生態と、そのベストな働き方についてお分かりいただけたでしょうか?

最後にもう一度夜型人間の適職について、おさらいしておきましょう。

  • 最大限のパフォーマンスが発揮できる夜型の労働体系
  • メンタルヘルスの安定化のためのストレスフリーな環境
  • 独創的なアイデアを形にできるクリエイティビティな作業

夜型人間の方が今後新たな働き方を視野に入れるなら、これら3つのことを意識しておくと、その後の能率を格段に上げることができるかもしれません。

そして今現在、仕事において満足のいく結果を出せていないのであれば、転職や独立を決断することによって、

今よりも、もっと生産的な日々を送ることが可能になるかもしれません。

現状を変えたい!という方は、ぜひ勇気を出して挑戦してみることをおすすめします。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました