転職しても失敗するタイプの特徴とは?同じ過ちを繰り返さないために

MIND
ヒミコ
ヒミコ

どうも、ヒミコ(@himiko_25)です!

今回は、現在転職をお考えになっている方に向けて、失敗しない転職の実現のために、事前に知っておべき内容についてまとめていきたいと思います。

―具体的な内容としましては、成功するためにはまず失敗から学ぼうということで、

まず
転職に失敗するタイプの人間の特徴について

次に、
対して転職成功のために必要になってくる考え方について

そして最後に
全体の総括
といった構成で進めていきたいと思います。

現在仕事に対してなんらかの悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

転職しても失敗するタイプの特徴

はじめに、具体的にどのようなタイプの方が転職に失敗しやすいのかを書き出していきたいと思います。

様々な要因はあると思いますが、今回は、全体に共通するであろう、総じて言える大きな特徴を挙げていきたいと思います。

多角的な物の見方ができない

まず一つ目に、「多角的な物の見方ができない」という特徴が挙げられます。

これは転職に際して、例えば給料面にのみ目がいってしまい、職場環境や仕事内容をないがしろにしてしまったりだとか、

あるいは、イメージや社会的ステータスばかり気にかけてしまい、肝心の労働環境を度外視してしまったりするといったものです。

「いやいや、転職なんて大事な選択、もっと慎重に選ぶわ!」

とおっしゃる方もいるかと思いますが、
実際に転職を焦ってしまっている方の中には、現状を打開したいと強く思うがあまり、

とにかく一方的な考えや直感で行動に移してしまう場合も少なくありません。

―その結果、あとになって不満が表面化してくることも往々にしてあり得ます。

本来仕事とは、様々な要因が複雑に絡み合って構成されているものなので、切羽詰まっている状況でも、焦らず精査されることをおすすめします。

そして、もっと言うと切羽詰まる状況に陥る前に、それらのことを考え始めるようにしましょう。

過度な期待を抱いている

また、転職に際して、「過度な期待を抱いている」ということも、大きな失敗の要因です。

この特徴を持つ方の一番ダメな部分は、職に対して、また自分自身に対しても過度な期待や理想をもっているあまり、現状で満足することが一生叶わないということが挙げられます。

希望をもって生活を送るために、適度な期待を持つことは良いことだとは思いますが、

あまりにもあれこれ求めすぎたりするのは、むしろ自分の首を自分で絞めているということにほかなりません。

―そうならないためにも、職に対して過度な期待を持ち合わせるのはやめましょう。

転職にあたって大切になってくる考え方

転職に失敗するタイプの特徴が分かったところで、では実際にどのような考え方をすれば良いのか、

転職を成功に導いてくれる基本的な考え方について、書き出していきたいと思います。

優先順位を明確にする

人それぞれ仕事に対して求めるものは違うと思いますが、総じて言えることは、

転職に成功したければ事前にそれらの求める内容をきちんと整理し、優先順位を明確にする、ということです。

職に対して「自分の中でこれだけは譲れない」といったものや、「まぁこのくらいなら別に妥協しても問題ない」と思える事柄をきちんと分別して、

優先度の高いものから当てはめていくという作業をすることによって、これだけで転職を大幅に失敗する、といったことは起こらなくなるかと思います。

これは転職に限らず、すべてのものの考え方に言えることですが、

与えられた選択肢に対して、常に優先順位をつけるという行為を習慣化していれば、

いずれ来るであろう重要な選択において、大失敗をすることはなくなるでしょう。

何かしらは諦める

そして、酷な話かもしれませんが、職に対して完璧を求めるのは諦めましょう。

”妥協する”ということを覚えれば、随分と楽になるはずです。

前職と比べて少しでも上回っているのであれば、それで良しとしましょう。

そう思えるようになれば、転職に失敗したと感じることは、限りなく低くなることでしょう。

所詮相手は企業ですので、完全に自分の思い通りの条件に当てはまることはありません。

それに、仕事内容や給料面、職場や人間関係などの様々な要因によって、100%自分の満足のいく環境が整うことはあり得ません。

労働者という立場に甘んじている以上、完全な自由というものは前提として存在しないので、どこかで割り切ることが肝要になってきます。

同じ過ちを繰り返さないために

ここまでご覧になって、
納得のいく回答はなされたでしょうか?

また、
ご自身の考え方に変化はでましたでしょうか?


―最後になりますが、
今回の記事の総括としまして、

転職に際して同じ過ちを繰り返さないために、今後大切になってくるであろうことを書き出して、締めとさせていただきます。

自身の経験から学ぶ

もしあなたが何度も転職を経験していたり、転職に際していつも同じことで悩んでいるというのであれば、

過去から何も学んでいないということになってしまいます。

それはもしかすると、転職を考えるときに、いつも先々のことしか眼中に無いということが大きな原因かもしれません。

過去の経験から、「一体自分自身が何に一番重きを置いているのか」また、「自分がなぜ転職を考えるのか」といった根本的な原因を探ることによって、

これまでの二の舞を演じるこなく、本当の意味で現状を打開することが可能になるかもしれません。

転職以外にも道はあるという事実

また、転職以外にも実は収入を得る方法はいくらでも転がっている、という事実に気づくことも大切です。

転職を考えるということは、もちろんお金が必要だとは思いますが、そんなお金を得るためには、何も必ずしも企業に属して給料を貰う必要はないということが言えます。

もし収入を得る方法が転職しかないと思い込んでいるのであれば、それはかなり視野が狭くなってしまっている可能性があります。

そうならないためにも、
もっと大きな視野を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました