鬱予防に最も効果的なのは“考え過ぎない”こと…鬱にならない働き方

MIND

どうもこんにちは、ヒミコ(@himiko_25)と申します。

仕事に追われ毎日を消耗しているあなたへ

心が完全に擦り切れてしまう前に伝えたいことがあります。

何の参考にもならないかもしれませんが

お時間があれば

ぜひ最後までご覧ください。

この記事を読んで少しでもあなたの気持ちが楽になる手助けができれば幸いです。

本文はあくまでも筆者の経験に基づく主観的内容となっており医学的見地からの専門的な見解を示すものではありません
スポンサーリンク

鬱になりやすい人の特徴

鬱になりやすい人の特徴としては従来では、

  • 真面目
  • 几帳面
  • 完璧主義
  • 良心的
  • 責任感が強い

といったような性格が挙げられてきました。

しかし現在ではこれらの性格に該当しなくても

うつ病を発症している方も多く見られるようになり、

一概に鬱になりやすいかそうでないかを定義づけるのは困難だといえるでしょう。

つまるところ本人がストレスだと思うことを感じ続けてしまった場合、

うつ病を含む精神疾患を患ってしまうということがいえます。

よって一般に共通するといえるような特徴はないのかもしれません。

鬱にならない働き方

では本題に入りたいと思います。

仕事が大きなストレスとなっている方でも

生活費を稼ぐために働かざるを得ない状況にあるというのが現実だと思います。

そんなあなたへ決して我慢せずとも

そのストレスが解消に向かうようなおすすめの考え方をお話ししたいと思います。

ポイントは

「働くために生きる」

のではなく

「生きるために働く」

ということです。

“考え過ぎない”

結論から申し上げますと、タイトルの通り

“考え過ぎない”

ということです。

″過ぎたるは猶及ばざるが如し″

ということわざにもある通り、

考えすぎてもなにも良いことはありません。

もっというと、仕事に関しては

“何も考えない”

ぐらいの方がちょうどいいのかもしれません。

そんなこと言われても、

「仕事をするうえで色々なことを考えざるを得ない」

とおっしゃる方もおられると思います。

ですが、果たして本当にそうでしょうか?

会社というものは多くの人材に等しく適切な労働を強いるために、

業務内容をマニュアル化しています。

だからこそ新入社員や初日のアルバイトでさえ

入ったその瞬間から働くことができるようになっています。

さらにその給与形態は多くが時間的拘束による対価です。

つまり、

「だれでも」

「何も考えなくても」

「時間さえ切り売りすれば」

給料がもらえるような仕組みになっています。

この仕組みを理解せず、

やれ

「誰にでも務まる仕事じゃない」

だの

「やるからにはきちんと責任を果たしたい」

だのといった的外れなことを言っているようでは

いつまでたっても現状は改善されません。

いいですか?これだけは肝に銘じておきましょう

あなたがやっている仕事は

“誰にでもできる”ものです。

あなたがやらなくても

“ほかのだれかで余裕でまかなわれます”

会社とはそういう構造になっています。

それが理解できたならあなたが今まで仕事に対して抱いていた、

責任感や期待をすべて捨て去ることができるはずです。

安心してください、

あなたがいくら手を抜こうが誰も何も困りませんし、

あなたが辞めようがまったく問題なく会社は回り続けます。

もしそんなあなたに対してとやかく言ってくる人間がいるとすれば、

それはただの嫉妬です。

苦労を感じさせないあなたにケチをつけたいんです。

頭の良い働き方をしているあなたがうらやましいのです。

そういった存在は無視しましょう。

赤の他人のヤジとあなた自身の健康、

どちらを優先すべきかは言わずもがな決まってますよね?

それはあなたが仕事に対して責任感をもって働いている理由が

家族や恋人のためだという場合でも同じです。

よく考えてください、あなたがこのまま身を粉にして働き続けて、

動けなくなってしまった場合、

結局あなたの大事な人を守ることができなくなってしまいます。

それを避けたいのであれば

今すぐ考え方を根本から変えることをおすすめします。

仕事に対する責任や意味などを

“考え過ぎない”こと、

そして“手を抜く”ことを

少しづつ身に着けていってください。

鬱っぽいなと感じる方へ

鬱 予防 で検索してみると、数多くの対処法が表示されます。

それらを見てあなたは一体どう思うのでしょうか?

「どれが一番効果があるんだろう?」

と思いますか?それとも

「とりあえずできることを片っ端からやってみよう…」

こんな風に考えますか?

はっきりいいます。

その考え方があなたを鬱にするのです。

ここまで記事を読んでくださった方なら私の言いたいことがお分かりになると思います。

正しいといわれるものから、

デマだといわれるもの、

そのどちらでもない不確定な情報。

世の中情報に溢れすぎています。

それらすべてに真剣に向き合っていてはきりがありません、

すべてについて真面目に考えていては

頭がシャットダウンしてしまうのも当然です。

ぶっちゃけ世の中のすべてのことは、

考えても仕方のないことだといっても過言ではありません。

仕事も生活もあなたを取り囲むすべてのものに対して

“考え過ぎない”ことが

あなたの心身の健康への第一歩だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました