せっかく個人で稼ぐなら全部経費にしてしまえ!お得な生き方のヒント

LIFEHACK
ヒミコ
ヒミコ

どうも!

ヒミコ(@himiko_25)です!

せっかく個人で稼ぐのであれば、忘れてはならないのが“経費”です。

個人事業主やフリーランスになるメリットにはこの“経費”という概念も大きく関わってきます。

日々の業務における支出はもちろん、生活費だって経費にできる場合もあります。

そこで今回は事業費を無駄なく経費に落とし込み、利益を最大限に獲得するための方法について詳しく解説していきたいと思います。

これから個人で稼ごうと思っている方必見です!

スポンサーリンク

せっかく個人で稼ぐなら全部経費にしてしまえ!

今回は、経費というものについてあまりよく分からないという初心者の方に向けての入門書的な記事になります。

経費とは事業に関連した費用のこと

そもそも経費とは何ぞやというと、端的に言えば事業に際して発生した支出のことを指します。

例をあげると仕事で使ったパソコンの通信費や移動に使った車の交通費などです。

これらの費用が必要経費として認められると、確定申告の際に税金面での控除が期待できます(税金のうち経費分が差し引かれる)!

一般の企業に属する会社員の場合はあまり気にかけない部分かもしれませんが、個人で稼ぐ場合はこういった経費の把握がとても重要になってきます。

個人事業主やフリーランスになれば当然事業費のすべてを自身が管理することになりますよね?

その際に支出を上手に経費に回すことによって、事業に充てた費用を無駄なく回収することが可能になるのです!

経費にできるものの一例!

それでは具体的にどういったものが経費として計上できるのでしょうか?

個人が経費に落とせるものの一例を見ていきましょう!

消耗品費:コピー用紙やボールペンなど

事業に使用した少額の出費であれば消耗品費として計上できます。

コピー用紙やボールペンなどはもちろんインク代やその他文房具など、いわゆる会社における備品に類似するものはすべて経費になります。

少額であればこのように経費として一括計上が可能になりますが、金額が大きなものになったとしても”減価償却費”として毎年の税金から控除を受けることもできるので安心してください。

一見すると経費にならないと思われるものでも案外認められることもありますので、一つ一つの出費をきちんと確認していくことをおすすめします。

通信費:インターネット使用料や電話料金など

事業に使用したパソコンやその他デジタル機器なども経費の対象になります。

パソコン自体はもちろんのこと、インターネットへの通信費や取引先との電話を多用するのであればその電話料金なども総じて経費になります。

もし個人的なパソコンと事業用のパソコンが同一である場合は、事業用に使用した分だけを計算して経費にすることが推奨されます。

あまりプライベートと混在させてしまうと経費としての計上がしにくくなってしまいますの注意しましょう。

交際費:移動費や企業への接待費など

取引先との交際費や事業に関連する移動費なども軒並み経費にすることが可能です。

例えばクライアントとカフェで打合せをした場合なんかでも、そこに至るまでの交通費やカフェでのドリンク代なども経費に含まれます。

ただ接待と称して過剰な贅沢を被ったり、旅行などの個人的な移動に際し発生した費用はなかなか経費としては認められません。

あくまでも常識的な範囲内であり、かつ事業に必要とみなされるものにのみ経費計上が許可されます。

水道光熱費:事務所の水道費や電気代など

個人事業主やフリーランスであれば自宅兼事務所のような形で業務を執り行うことも多いかと思われます。

そんな場合に特に有効になってくるのが水道光熱費の経費計上です。

意外かもしれませんが、水道光熱費だって立派な経費として認められるんです。

これはうまく利用することができれば生活費自体を節約することにも直結しますので、個人で稼ぐ人間のある意味大きな長所だともいえるでしょう。

事務所の家賃:家事按分など

水道光熱費の延長ですが、当然家賃なんかも経費にできます。

ただその場合も家賃全額経費というわけではなくて、事業に利用した分だけ面積や時間によって経費分だけを分けて計上するという形になります。

これは前述した水道光熱費の場合も同様です。

この仕組みを”家事按分”といいます。

持ち家の場合は若干仕様が異なりますので詳しくは記述しませんが、賃貸の場合と同様に経費に計上できる項目はちゃんと存在しますのでご安心を。

*私的な費用は経費にはできません!

ただし注意点として、あくまでもこれらの経費は事業に関連したもののみに認められるということです。

私的に購入した商品や個人的な支出などは一切経費としては認められません。

またきちんと事業費を管理せずに何でもかんでも経費に計上してしまうと、本来認められるはずだった必要経費すらも受け付けてもらえないことになってしまう可能性があります。

ですのでそうならないためにも普段から事業費と私的な支出をきちんと分けて考えるようにしましょう!

経費の恩恵を存分に受けよう!

いかがでしたでしょうか?

経費のすばらしさがお分かりになりましたでしょうか?

よく企業の重役が高級寿司を食べたり新幹線のグリーン車に乗っていたりするシーンがイメージできると思いますが、

実はこれらもすべて移動費や接待費やといった経費でまかなっているのです。

個人で稼ぐようになれば自身のさじ加減でこういった恩恵を受けることが可能になるため、

これからフリーランスでやっていこうとお考えの方や、個人事業主として再起を図ろうとされている方は、ぜひともこれらの恩恵を享受されることをおすすめします。

経費と上手に付き合っていくことで、人生をもっと快適なものにしていきましょう!

以上で今回の記事は終わりになります、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました