ミニマリスト的思考を仕事にも応用して効率良く作業を終わらせよう!

LIFEHACK

皆さんこんにちは、当サイト運営者のヒミコ(@himiko_25)です!

今回は話題のミニマリストについての記事になります!

ミニマリストという言葉自体、すでに世間に広く浸透しつつあり、ご存じの方も多くいらっしゃるかと思います。

一般的にはライフスタイルのことを指し示し、余計な物を持たずに最小限の、自らに本当に必要なものだけで送る生活様式と、それを理想とする主義主張。

こういったものをイメージされると思います。

無駄を排除することによって本当に注力すべきことにコミットできるので、本当の幸せや目的を、関係のないことがらに惑わされることなく達成することができる、という点がメリットとして挙げられます。

ここまで聞いて、勘の良い方はお気づきになられたかもしれません。

ん?この考え方…仕事に活用できれば最強なんじゃね?、と。

そうなんです、なにもミニマリストとはライフスタイルのことだけをさすわけではないんです。

ミニマリストみたいに物がほとんどない部屋で生活するなんて寂しくて無理!

とお考えになる方でも、実際に生活ごと変える必要はなく、そういった余計なものを持たない、という考え方のいいところだけを活用して、普段の仕事に活かされてみてはいかがでしょうか?

いつも仕事に追われているやることが多すぎて作業が手につかない、そういった働き方を変えたいと思っている方は、ぜひこれらの考え方をビジネスシーンの応用してみてください。

考え方ひとつで、そのお悩みがスッキリ改善するかもしれません!

スポンサーリンク

ミニマリスト的思考を仕事に応用する3つの方法

タスクを断捨離する

まずは、ミニマリストと聞くと第一にイメージするであろう、断捨離という概念です。

断捨離とは物の価値を見極め不必要なもの、優先度の低いものを処分するという行為です。

ここでいう断捨離とは、実際に仕事道具を捨てちゃえ!ということではなく、余計なタスクを捨てるということです。

1日の中で様々な作業に追われると思いますが、こなせる作業量には限界がありますし、人間一人の仕事量なんて、たかが知れています。

無理に責任感を背負って、すべてを完璧にこなそうとする必要はありません。

そもそも不可能なんだと割り切って、一番重要なことだけ、絶対に終わらせなければならないタスクだけに集中し、それ以外のさほど重要じゃない、緊急を要さない作業は、形だけ取り繕って適当にこなすか、思い切ってなくしてしまいましょう。

あなたが必死になって取り組んでいた作業は、冷静になって考えてみれば、大して必要のないことだったと気づくかもしれません。

実際にあなたの周りの容量の良いと感じる人を観察してみてください。

彼らが仕事が早いのは、能力が高いからだと思っていたけれど、実は能力自体はあなたとおんなじで、違うのは、要らないタスクをしっかり“捨てられているか”どうかだということがわかるはずです。

もう一度仕事内容を見返し、やらなくてもよいと感じたものを捨ててみましょう!

最初からタスクを持たない

1つ目の断捨離という概念と類似しますが、タスクを整理するという前に、まず作業の割り振りの時点で何でもかんでも受け入れないということも大切です。

ミニマリストは自分に必要のないと思うものは最初から手にしません。

初めから手にしていなければそれは存在しないことと同じ、それに関連する悩み自体が発生しないということになります。

ビジネスシーンにおける“それ”とは、“作業”そのもののことを指します。

仕事に追われるということがなくなれば、より丁寧に、より冷静に必要な作業に取り掛かれるようになります。

自分のキャパシティを超える可能性のある業務命令は、依頼された段階できっぱり断るという習慣をつけましょう。

これを実行するためには、普段から自分の作業スピードや集中力の持続時間などを計算しながら、業務完了までの目算を立てられるようにしておくことが肝心です。

そうはいっても、嫌でも大量の仕事が次から次へと入ってきて、忖度してる暇なんてないし、

追いつかないからといって

“無理です。”

なんて言えるわけがないよ!とおっしゃる方もいると思います。

しかし、それではいつまでたっても現状が改善することはありません。

厳しいとは思いますが、苦しい現状を変えたければ、思い切って我を通す勇気も必要です。

最小限を最大限に活かす

最後に包括的な内容ですが、そうした合理的選択から生まれた余裕を、重要な作業へ集約させるということも重要です。

つまりはどういうことかというと、無駄な作業を削ってできた時間を、一番大切な作業をする時間に充てるということです。

繰り返しになりますが、ミニマリストは余計なものを持ちません。

その結果持っているわずかなものを、いかに有効に使い倒すかというような考え方にシフトします

働き方に当てはめるならば、自分の作業能力、持っているスキルを、いかに有効に、有用に仕事に活かすかということを常に考えながら働いているような感覚です。

ただがむしゃらに仕事をこなすのではなく、どうすれば少ない時間で、少ない労力で、このタスクを処理できるだろうか?と、自問自答しながら1つ1つの作業をこなしていくんです。

どうやってさぼるか、手を抜くか、ということではありませんよ?

あくまでも目的達成のための最短ルートを目指すということです。

具体的な方法としては、

事務作業であれば余計な書類作成の時間を削って、重要なプレゼンの資料作りに充てる

ですとか、

営業職であれば、

成約確度の低い見込み顧客に対するセールスを省いて、重役や太客に対して積極的にアプローチをかけていく

といった具合です。

余計な作業や膨大なタスクに迫られている状態では、ベストなパフォーマンスを発揮することは到底できません。

限られたマンパワーの最も有効な使い方を探し出しましょう。

ほとんどの仕事が実は意味がないこと

いかがだったでしょうか。

別に生活をミニマリストに寄せなくても、考え方だけ変えることができれば、現在抱えている悩みを解消できるということがお分かりいただけたかと思います。

特に仕事に関していえば、合理的思考優先度の選定作業内容の取捨選択など、ミニマリスト的思考が非常に向いているということが見て取れるかと思います。

これらの思考を働き方に活用して、皆さんの仕事上のストレス環境を少しでも改善することができれば、幸いだと考えます。


…しかしながら、本当の意味で無駄を排除し、真に効率的な働き方となると、やはり会社勤めというものには無理があるのではないか?

というのが正直に思うところです。

今回は企業に属して働いている方にむけて働き方やそのマインドについてお話ししましたが、もしあなたがそれでも劣悪な労働環境が一向に変わらない!というのであれば、個人による働き方、すなわち雇用されない、という働き方について真剣にお考えになることをお勧めします。

皆さんが、心から、働くということへのしがらみから解放されることを願っています。

ストップ、ブラック企業!

コメント

タイトルとURLをコピーしました