セールスレターにセンスは必要?消費者の心に訴えかける意味とは?

MIND
ヒミコ
ヒミコ

皆さんどうもこんにちは、

ヒミコ(@himiko_25)です!

今回は、
ブログやアフィリエイトのセールスレターにおいて、

果たしてセンスは必要なのかという件について

語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

セールスレターにセンスは必要?

(尚、今回の記事は筆者自身の備忘録的側面が色濃く出た内容になっておりますので、全体を通して主観的、抽象的、又自問自答的長文&駄文といった内容に留まっておりますことをあらかじめお詫び申し上げます。)

文学的表現の効果

ここで言うセンスとは”文学的表現”のことであり、消費者心理やマーケティング戦略を取り入れた“成約率のみを追求した文章”ではなく、読者の感性に訴えかける煽情的な表現技術のことを指します。

セールスレターの役目としては、本来読者の消費行動を促進するものであり、それが達成された時点でその文字列は本懐を遂げることができたということになります。

しかしながら、それは新聞やチラシなどの一過性の売り込みをかける場合を想定したものであり、その効果は一期一会にすぎません。

コンテンツとしての価値

ブログやアフィリエイトというのはそもそも長期的なビジネスモデルであり、

長い期間をかけて徐々に自身のファンを獲得していくことが目的の媒体においては、たとえセールスをかけるとしても完全に商売方面に割り切るのではなく、

「あくまでも自身のコンテンツとしての側面を尊重し、生産者のセンスを織り交ぜることが重要になってくるのではないか?」
という疑問が浮かんできます。

ともすれば、セールスレターというものが今まで商品を売り込む手段として使役されるだけの存在だったのに対し、セールスレター自体がコンテンツとしての価値を持ち合わせるという奇妙な逆転現象が発生しているということが結論付けられます。

情報過多社会において

これは情報社会が発達したことにより、情報自体が自らのアイデンティティを訴え始めたということなのかもしれません。

数多くの情報の波に飲まれて淘汰されないように、自身の本懐を差し置いてでも個性の獲得に奔走した結果なのではないでしょうか。

そして、それが行き過ぎると「ステルスマーケティング」という形に形態変化するのだと考えられます。

もしかするとこの一連の流れも全て含めてセールスレターというものになるのかもしれませんが、そうなってくるとまた新たな疑問が生まれてきます。

―それは、「世の中に溢れるすべての文章は、あまねくセールスレターなのではないか?」というものです。

全ての文章がセールスレター?

読者の興味関心を惹きつけ、それを切らすことなく商品の購入にまで誘導していくのがセールスレターの構造であるならば、その求心力を維持するために読者の感性に訴えかけるのはある種自然な流れだといえるでしょう。

しかしそれは小説やコラムなどでも同じ事。

目的はどうあれ文章の中には筆者のセンスが投影されるのが常であり、そこに付加価値が生み出されるのはやむを得ません。

別段読者に媚びを売る文体でなくとも、その裏には何かしらの意図があるのが当然であり、その意図の存在こそがただの文章をセールスレターという存在に昇華している要因であるのならば、

すべての文章は何らかの行動の契機につながるものであるということが確認できます。

文章自体の存在意義

このように考えると、初めからセールスレターというものが特別ビジネスに迎合したものではなく、

文章というコンテンツ自体が、文章力、あるいは文学的表現などを使用して、人の行動をコントロールするためのツールだということが明言できるのではないでしょうか。

消費者心理やマーケティング戦略といった言葉自体も、単なる文章に権威性を持たせるための冠詞に過ぎず、

その本懐を遂げることができるのであれば、センスという漠然とした物でさえもそれらの模造品と何ら変わりないのかもしれません。

結論センスは○○

少し遠回りしましたが、今記事の結論としては、

「セールスレターにセンスは必要であるとも必要でないとも言える」

という、どっちつかずのものとなります。

―というかセールスレターに限らず世の中の文章のすべてが、読者の行動の契機になるというセールス要素と、作り手の作為、すなわちセンスが内包されているものであり、

セールスレター云々センス云々とのたまうこと自体がナンセンスだったのかもしれません。

エンターテインメント性

さすがに本質までさかのぼりすぎて大分抽象的になってしまったので、ここで少し本線に戻って俗物的な見解も述べておこうと思います。

確かに商業的な気質を前面に押し出したお堅いセールスレターは、ライトな読者に嫌われる傾向にあります。

そのような一切の無駄を排除したような商品の宣伝に特化した文章を好むのは、一部の合理主義者に限定されます。

よって、万人に通用するうたい文句を打ち出したいのであれば、何か文章自体にエンターテインメント性を持たせることも必要なのかもしれません。

無駄が生み出す付加価値

そこでカギとなってくるのが、

冒頭で述べたセンス、文学的表現となるのです。

これらは後天的に獲得できるものであり、知識や経験によって磨きあげることが可能です。

ただ単に伝わりやすさを追求した場合には無駄ともとれるファクターですが、

コンテンツとしての価値や、多角的な読者へのアプローチを考えた場合には、大きな付加価値を生み出してくれるものになるでしょう。

そして、
情報過多社会においては、そういった無駄こそが案外求められているのかもしれません。

センスの使い方

そんなこんなで、
セールスレターを書くにあたって、文学的センスというもの自体はあるに越したことはないというところに落ち着きました。

要はその使い方次第なので、自身の技量があるのならば、貪欲に利用していくことをおすすめします。

ただ一点、それがあまりにくどいものになったり、単なる自己満足に終わってしまわないように、商業的な目線も忘れずに持ち合わせることをおすすめします。

―以上で今回の記事は終わりになります。

長々とお付き合いいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました