労働

MIND

なぜ何の疑問も持たずにサラリーマンになるのか?独断と偏見による考察

「なぜ何の疑問も持たずにサラリーマンになるのか?」筆者自身にこのような疑問が生まれたのは、ここ最近のことではありません。学生の時分から、いや、もっと言うと物心がつき始めた辺りから、既にこういった思考に囚われるようになったと言っても過言ではありません。人生というものの距離を意識し始めた頃から、その大部分を占めるであろう“仕事”というものに対しての疑問というのは湧いて留まることはありません。今回はそんな思考の一端を、独断と偏見にまみれた考察という形式に沿って語っていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました